« お空の上はいつも晴れ | トップページ | ゴムパッチン »

期待感 0%

こんなに雪が降らないのも珍しい。昨シーズン降りすぎたんだな。

うちの庭には二羽ニワトリがいる。

いや

うちの庭にはスイセンが咲いている。

ビックリだ。

降らないだけじゃない、寒くなーいのだ。

   

柳澤 伯夫氏が厚生労働大臣の立場で有りながらとんでもない発言をしたのに、直ちに訂正したから辞任しませんなどというニュースが流れていたけど、本当は女性を『産む機械の数が決まっている』と言った事よりも『一人一人に頑張ってもらう』ってところには注目しないのだろうか?産む=人口増えるくらいにしか思っていないんだろう。のりっぺ不満。当然こんな事が頭のすみっこにでもある様な人に、少子化問題をどうにかできる訳がなく、どうして『まあまあ』みたいに終わらせてしまうんだろう。ただ、辞任したからこういう考え方がなくなるとも思わないんだけども。人を人とも思わない発言で、どんなに口が滑ったなどと釈明しても許される事ではない。人口推移を分りやすく説明しようと・・・なんて言っても例えが悪すぎるどころか、反感を買うのは当たり前だろう。

例えばすごく汚い表現をすると、女に生まれてきたからには子供を2人出産する義務があるという国になったとする。規定の年齢までに出産を終えていなかったら、義務ですから半強制的に妊娠させられ、自分の意思とは反する生活を余儀なくされる…なんて事になるかもしれない。出産できない女性には罰金が科せられるのかもしれない。馬鹿馬鹿しいし考えただけでもおそろしい。当然生みたくても産めない人達もいるし、それは経済的な事や身体的な理由だってあるだろう。じゃあ生んだらどうする?キレない子供に育てろ?犯罪を起こさないように教育?教育費は?この格差社会で平等な手当や待遇が約束されるだろうか?こんな社会に育って子供たちは幸せになれるのだろうか?そんな不安が少子化に繋がってるってことはお役人は判ってないのだろうか?自分達は子育てした事無いのだろうか?ご立派な跡継ぎとか生まれてますでしょうに。知らないけど。

金融広報中央委員会のHPで様々なお金に関するデータや教育用のツールがある。

『ゆりかごから18年 私の命を育んだのはいくら?』

http://www.shiruporuto.jp/teach/yomu/hitori/pdf/hitori02.pdf

これを子供に計算させるのだ。『頑張って計算してみよう』と書いてある。自分たちは計算しなかったのだろうか?これを見るとお役人が考える庶民の暮らしと、現状にはギャップがあるんじゃないかと思うわけで。

『分娩費29万←(後で返却)』だったらタダにしてよ。一旦支払うのだって大変なんだから。

ツッコミ所満載だ。

こういう事があると、一層期待感なんてものは無くなり(何の期待もしていないが)どうせだったら、そのまんま東が宮崎県知事じゃなくて内閣総理大臣になってみた方がいいんじゃないかとか思うわけで。『誰がやっても同じなら僕にやらせてください!』

とりあえずの期待は2/15の児童手当(1ヶ月5000円で4ヶ月に1回まとめて支給だなんて!どうよ?)

|

« お空の上はいつも晴れ | トップページ | ゴムパッチン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44964/5054210

この記事へのトラックバック一覧です: 期待感 0%:

» 始めまして [学資保険 こども保険]
興味深く読ませてもらい、大変参考になりました。お礼に「応援」ポチ!! [続きを読む]

受信: 2007.03.08 19:57

« お空の上はいつも晴れ | トップページ | ゴムパッチン »