« 鎮座するネコ | トップページ | 転職しますよ。 »

全中 in 長野

長野で行われた、全国中学生空手道選手権大会へ行ってまいりました。

中3最後の大会が終了しました。
長かったような短かったような9年間の集大成となりました。

結果は個人ベスト16。

欲を言えばキリがありませんが、本人は
「自分がそこにいることが不思議」な感覚だったそうです。
試合できるだけで満足だという息子に
「ここまできたら勝てよ」と父は言ったそうです。

9年間「先生」と「生徒」として空手をしてきましたが
先生は人生で一番緊張したんじゃないかと思うのです。
子供として甘やかすことのできない関係だったり
先生の子として、評価される事だったり
難しい事が多くありました。

その時は夢中で精一杯だったとして
あれが一緒に戦える最後の試合だったと思うと
忘れたくない瞬間だろうな。

先生が思うより、あいつら2人は強いんだと
しっかり大人になっていて、
不安になってたのは、自分だけかもしれないと言っていいたことがありました。

子育てや指導に正解はありませんが
ここまでやってきた事に間違いはなかったという証拠なのかもしれません。

おつかれさまでした。よくがんばったね!
と先生に言いたいと思います。

子供達がこの先どんな進路を選ぶのか?
私にもわかりません。
終わったのではなく通過点として
道が増えたのか?絞れたのか?
しっかりと考えて行けたらいいんじゃないかと
思う訳であります。

たくましくなった子供達があっという間に
遠くになったような気もして
嬉しいような、何というか。
ただ、何かこう…
指の間から、サラサラこぼれ落ちるような
なんか寂しいものも感じるのです…

いかーーーーん!
さみしくなんかないぞ!
自分も新たなるステージへ。
みんな、また歩き出そう!

P10409351

|

« 鎮座するネコ | トップページ | 転職しますよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44964/52966503

この記事へのトラックバック一覧です: 全中 in 長野:

« 鎮座するネコ | トップページ | 転職しますよ。 »